新入生オリエンテーションを実施。

「新入生オリエンテーションを実施」

 

 ただいま新入生オリエンテーションを実施しています。まず六年制コース長の今井先生に、中学とは制度上大きく異なる点を中心にipadを使ってわかりやすく説明していただきました。「大人になろう」という精神的自律の促しだけでなく、規則や規程など具体的行動として変化してもらわなければならない点について話されました。充実した高校生活は、「健康な生活リズムに基づく心身の安心・安全から」という題で、書き込み式のプリントを用いて具体的に説明されました。生徒は教務上の学習成績の取り扱い等についてしっかり理解してくれました。最後に、将来の目標に向かって、落ち着ついた環境の中で、しっかり情報を共有し大きく世界へ羽ばたいてほしいと熱く語れました。

 続いて至誠推進部主任の肥田先生が、高校生として気持ちよく生活するためにという観点から、視聴覚教材を用いながら話していただきました。「考えること=よく生きること」「よく生きる=命について考えること」という価値観に基づき、よく生きるとはどうこうことか、幸福に生きるとはどういうことかと生徒ひとりひとりに語りかけていました。ホセ・ムヒカ大統領の人柄や偉業、幼少期に恵みを授かった相手に医師になって報恩を果たすタイの感動動画など、様々な教材を用意して話されました。一貫して先生が訴えられたのは、幸せに生きる・豊かに生きるとは「誰かの為に尽くす」ことだということではなかったかと思います。みんなが支え合い、互いの夢を認め合って前進してほしい、それが幸せに生きることではないかと話されました。今年は力野校長先生から始業式で「リスペクトすることの大事さ・尊さ」について話しがありました。リスペクトすること、されることが心豊かな人生につながると深く感じました。今、教室の扉には、次のような言葉が掲示されています。

 

教えるとは希望を語ること 学ぶとは、誠実を胸に刻むこと

今まさに、ひとつひとつの言葉が胸に刻まれる日大オリエンテーションが始まりました。

明倫館卒寮パーティーを開催しました!

卒業式前夜、毎年恒例の明倫館卒寮パーティーが開催されました。

中高の6年間、高校の3年間を本校の男子寮である「明倫館」で過ごした卒業生たちは、実に凛々しい若者に成長しました。

 
 

昨夜は、保護者の皆様から送っていただいた差し入れ(画像をご覧ください。何かの救援物資ではありません。保護者の「愛情」です。)をみんなでいただきつつ、後輩たちとの名残を惜しみました。

卒寮生たちには、一人ひとりに校長からの色紙が贈られます。「人倫明らかなり」とは、「君たちは明倫館での寮生活を通して、人としての倫理観を明らかなものにしていったね。よく頑張ったぞ」という力野校長の思いが込められています。

24名の卒寮生の卒業を心から祝福いたします。
保護者の皆様、長い間本当にありがとうございました。

 

 


「大学入試センター試験」に向けて

新年1月3日、高校3年生の正月合宿が始まりました。この合宿は新年の恒例となっている学習合宿で、本校の六年制コース、アカデミーコースを中心に実施しています。

今年も諫早市内の3つのホテルをほぼ貸切状態で、間近に迫ってきたセンター試験に向けて熱い取り組みが続いています。

この合宿の特徴は、夏の学習合宿のような大部屋での一斉学習ではなく、一人ひとりに個室が与えられる点にあります。参加した生徒たちは各々が自分のペースで集中し、必要とあれば教科担当に質問に行くシステムとなっています。

 

高校3年生の熱い戦いを長崎日大全員で応援しています。

 

明倫館クリスマスパーティーを催しました。

12/23に、明倫館(本校男子寮)のクリスマスパーティーを催しました。パーティーとはいえ、そこは男子寮、焼肉大会です。諫早市内の店舗にマイクロバス2台で乗り込み、食べまくりました。

 

中学生・高校生あわせて58名の寮生たちは、学年・コースや科・部活動もさまざまですが、それぞれが個性的であり、魅力的な寮生たちです。この日もスタートの準備から、肉の焼き方・食べ方、後片付けまで、素晴らしいチームワークを見せてくれました。

 

入試個別相談会のご案内

長崎日大中学・高校の入試個別相談会を実施します。

  日時:12月19日(土)   9時30分~14時 

  場所:大会議室

  

長崎日大中学・高校の日々の生活、学習活動や、入試のこと、お気軽にご相談ください。

時間内の都合の良い時間にお越しください。

ご予約は不要です。