招き猫先生の『ことちか日記』H31 1/15

いよいよ今週末にセンター試験が迫ってきた。

どんなに暖冬などと言っても「センター直前に雪が舞う」ということもよくある話である。現在のところ、当日の予報は「雨」である。

本校のみならず、すべての受験生が好天候・好コンディションに恵まれて遺憾なくその実力を発揮するセンター試験であってほしいものである。

画像はこれまた卒業生から届いた「激励」である。なんと縁起物の「合格桜バージョンのキットカット」120袋である。

有り難し。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!

招き猫先生の『ことちか日記』H31 1/10

本日は、高校の特別入試である。数多くの中学生が長崎日大を訪れてくれた。本当にありがたしである。

校舎内に立って挨拶と誘導をしていると「○番会場はどこですか?」とおずおずと尋ねてくる中学生たちがかわいい。

「真っ直ぐ行って、突き当たりを左ですよ。」と案内しつつ、「頑張ってね」と声をかけると、「ありがとうございます!」と笑顔で答えてくれた。みんな素晴らしい中学生である。

本日受験してくれた全員と3月の桜満開の日大坂で再会したいものだ。

引率の中学校の先生方ともご挨拶を交わした。「先生たちからの宝物のバトンをしっかり受け取りますよ」という気持ちを込めてである。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!

招き猫先生の『ことちか日記』H31 1/9

センター試験まであと10日、いよいよカウントダウンである。

思い起こせば、時は平成のはじめ、長崎日大に初めて誕生した、国公立大学進学を目指した特進クラス、その名は何のひねりも無いド直球!「国公立大学進学クラス」であった。

その年度のセンター試験受験者はわずか20数名(少数とはいえ、その中から九州大学・長崎大学をはじめとする国立大学への合格を果たしたのである)であった。

今年のセンター試験受験者は198名、多いときは250名にも達するようになってきた。隔世の感ありである。

高校総体や野球の夏の大会、サッカーの冬の選手権などなど、生徒の活躍をひたすら願う瞬間が学園には存在する。「必勝」などとは言えないが、ただただ「怪我無く病気無くアクシデント無く」無事にいつもどおりに戦ってきてくれと祈るのである。

このセンター試験も同様である。突然、神様がおりてきたような結果を臨むことはないが、「いつもどおり」に落ち着いて戦い抜いてきてほしいものである。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!

招き猫先生の『ことちか日記』H31 1/8

年末・年始のセンター試験直前ゼミ~1/5の中学校第二回入試、1/6の中学校関東入試~1/7の採点を経て、
本日は、長崎日大第3学期始業式である。

全校生徒が勢揃いした体育館は壮観である。
寒さが厳しい体育館であるが、中1から高3まで生徒諸君は実に落ち着いた始業式の態度であった。

安心・安全・快適な学校生活において、この「落ち着き」というものは非常に大切なものであると思う。

始業式後に行われた各種表彰においては、デザイン美術科、コーラス部、吹奏楽部・放送部、英語スピーチなどなど文化部の活躍が目立った。

長崎日大のスポーツ面での活躍は枚挙に暇が無いほどであるが、あらゆる面での生徒の活躍が長崎日大の多様性、厚みと深みを感じさせるものである。

何事に対しても一生懸命に頑張ることができて、それぞれの一生懸命をお互いに認め合い支え合うことのできる学校であってほしいと願う始業式であった。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!

招き猫先生の『ことちか日記』H31 1/4

さあ!世の中が動き始めた。長崎日大2019も本格始動である。

第2回の中学入試を明日に控えた入試部の先生たち、昨年末から続く「センター試験直前ゼミ」の指導に当たる高校3年生の先生たち、すでにガンガン練習を始めている各部活動顧問の先生たち、第3学期始業式は1月8日であるが、長崎日大はすでに始まっている。

力野校長から届いた差し入れのドリンクやお菓子を横に置きつつ、職員室では、理科の「ボス」こと髙田先生や「ダンディー」池田先生への質問が続き、教室では渾身の直前ゼミがそれぞれに進んでいる。ちょうど「ジーニアス」古川先生と「ど根性!」東川先生の講義中であった。自学の教室を外からのぞくと少年たちが集中して机に向かっている。その眼差しの美しさに吾輩いたく感激した。

 

 

学業でもスポーツでも文化的な創作活動でも「真剣な眼差しで取り組む姿勢」ほど尊いものはない。

2019も長崎日大はそんな若者たちの様々な「笑顔」と「真剣な眼差し」が集まっている学校でありたいものである。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!