招き猫先生の『ことちか日記』R1 11/2

先般より、拙ブログにおいて、時々語っている「ラグビーワールドカップ」が、ついに決勝戦を迎える。

日本と準々決勝でぶつかった南アフリカと、2015ワールドカップにおいて日本を率いたエディージョーンズがHCを務めるイングランドとの対決は楽しみである。

吾輩はここのところ、日本の勝ち試合の4試合の録画を何度も見直している。
特に、対アイルランドと対スコットランドは何度見てもいい!

永年に渡って、日本ラグビーの苦しい戦いを見てきた世代としては嬉しい限りである。溜飲下がりまくりである。

ところで、日本の試合に限らず、マイクから聞こえてくる音声に耳を澄ますと、ラグビーの一味違った魅力が伝わってくる。

レフェリーはしきりに「早くラックから出て」「ボールを持ちすぎない。手を離して」「今のタックル、少し早いよ」など、選手たちに“アドバイス”を送るのである。

同じアドバイスが何度か繰り返されると「次、やったら笛を吹くよ」「次、気を付けてね」と“警告”。

選手がそのアドバイスや警告に従い、反則を犯さずにスムーズに試合を運ぶと、レフェリーは「ありがとう」と感謝するのだ。

開幕戦の日本対ロシアでも、レフェリーが「Thank you very much」と何度も言っていたことに気付いた人も多いだろう。

また、レフェリーのマイクを通じて、選手との会話も聞こえる。

ラグビーはコミュニケーションが重視されるスポーツで、レフェリーと選手のコミュニケーションもその一つなのである。

反則を犯したチームのキャプテンが、すぐにレフェリーと話しに行くシーンも多く見られる。

あれは文句を言いに言っているのではない。学びに行っているのだ。

どのプレーが反則と裁定されたのか、試合中にチームの主将が質問に行けば、レフェリーは自分の判定の根拠を説明し、時にはどうすれば反則にならなかったかなどアドバイスを送ることもある。

時には同意できない理由もあるかもしれないが、少なくともレフェリーの言い分は明白である。

試合中に選手がレフェリーの裁定に従わなかったり、暴言を吐いたりすることは、ほとんどない。

他のスポーツには他のスポーツの考え方があって当然だと思うし、ラグビーを必要以上に美化しようとは思わないのであるが、言葉で明確に自分の判断の根拠を説明し、同じ過ちを犯さないように導いていくスタイルは、吾輩たち現代の教育現場に身を置く者として、見習うべき点があるかもしれない。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!

招き猫先生の『ことちか日記』R1 11/1

本日は、長崎日大の「芸術鑑賞会」である。
今年度は、世界的に活躍している和太鼓のパフォーマンス集団である「ドラム・タオ」の皆さんをお招きしての開催となった。

本校の芸術鑑賞会は、中学生・高校生という豊かで、瑞々しい感性を持つ時代に、「本物を見せたい」「当代一流のものを見せたい」という学園の思いを込めて、例年、あらゆる芸術的ジャンルの中から、すばらしい表現者といえる皆様をお招きして実施している。
 
「令和」という新しい時代を輝いて生きる生徒の皆さんにとって「日本の歴史、文化・伝統」というものをしっかり根底に持った上で、世界的に考え、活動するという姿勢が必要となってくることは言うまでもない。

そのお手本とも言えるのが、日本古来の「和太鼓」を駆使した驚異的なパフォーマンスで、日本国内はもとより、北米・ヨーロッパ・アジアといった世界中を席巻している素晴らしいエンターティメント集団である「ドラム・タオ」の皆さんではないかなと思っていた。

さて、そのパフォーマンスは?

予想と期待を圧倒的に裏切られたのである。
予想以上、期待以上の迫力、美しさ、技量が炸裂するステージであった。
精緻な舞台演出やコシノ・ジュンコさんデザインの舞台衣装などなど、隅から隅まで、プロフェッショナルの矜持が輝くものであった。

 

「ドラム・タオ」の皆様に「大感謝」である。

マナー良く、元気よく、鑑賞してくれた生徒の皆さんも立派であった。

そして、何より、前日までの打ち合わせや学校内での段取り、当日のマネジメントに至るまで、懸命に取り組んでいただいた、芸術鑑賞会担当である演劇部顧問の宮本ひ先生、久保み先生に心から感謝申し上げる。

「ドラム・タオ」さんのステージに感激した吾輩であったが、当日の演劇部の部員諸君の誘導・案内をはじめとする「縁の下での頑張り」にも感激を覚えた吾輩であった。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!

招き猫先生の『ことちか日記』R1 10/31

第15回となる「長崎県私学振興大会」が開催された。
「公立と私立における保護者様の負担の格差を少しでも埋めるために」と続いている大切な大会である。

長崎県知事をはじめ、行政各部署の皆様、多くの県議会議員の皆様などなどのご参加をいただき、盛大にとりおこなわれた。

大会の開催にあたっては、各私立学校の保護者様の参加が大切になる。平日のお昼時という、お仕事に支障のある時間帯である。他校の話を聞くと、保護者様への参加のお願いもなかなか苦労しているようであった。

ところがである。長崎日大の保護者様は素晴らしく有り難いのである。
長崎日大への参加要請は、約150名であったが、それを上回るご協力をいただいたのである。

本日、吾輩はバックヤードでのお手伝いが主だったのだが、本校の保護者様席を舞台側から見て、「本当に有り難し」と感激していた。

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!

招き猫先生の『ことちか日記』R1 10/30

画像を見ていただきたい。
長崎日大から最寄りのJR西諌早駅までの道のりである。
見事にゴミひとつ落ちていない。

 

 

本日実施された「長崎日大高校プログレスコース恒例のボランティア清掃」の成果である。
コース長の永石先生をはじめ、プログレスコースの先生方と高校1年生の生徒さんたちが、本日のLHRの時間を活用して行った。

学校周辺を明るい笑顔で元気よく清掃しているプログレスコースの生徒さんたちが輝いて見えた。これも「感動」である。

大きなことでなくていい、目立つことでなくていい。
目の前のゴミをひとつ拾えば、立派な社会貢献である。

昨日も記したとおり、道ばたに落ちているゴミをスッと拾える生徒さんたちが吾輩の自慢である。

プログレスコースの皆さん、お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。みんながきれいにしてくれた道を歩いてみたら、とても気持ちよかった。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!

招き猫先生の『ことちか日記』R1 10/29

朝から校舎の玄関前の枯れ葉を掃いていたときのことである。

朝早くから、自主学習や自主トレのために、登校してくる生徒さんも多い。

今朝、玄関前を掃いていると、「おはようございます!」という元気な挨拶とともに、スッと腰をかがめて、掃き集めていた枯れ葉の中から、紙くずやビニールテープの切れ端を拾って行ってくれた。

ちょっとしたことであるが、その小粋な仕草に「かっこよさ」を感じた。

中学生を教えていた頃、二つのことをよく話していた。

ひとつは、重い荷物と軽い荷物があったら、先に重い方をスッと持てるような人になってほしい。もうひとつは、道ばたに紙くずが落ちていたら、スッと拾える人になってほしい。

「スッと」が、かっこいいのである。

気持ちのいい朝であった。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!