招き猫先生の『ことちか日記』H29 12/22

本日は平成29年度第2学期終業式である。

「最後の最後まで全力で頑張ってください」という高校3年生への激励と「新年の始業式に元気で会えることを楽しみにしています。」という言葉で校長先生がお話を締めくくった。

そのあと、拙ブログでもよくご紹介する「拍手が起こる生徒指導講話」肥田剛一至誠推進主任のまさに「名人芸」とも言えるお話があった。特に「お互いに支え合う」「生徒一人一人が学校の代表選手」というお話が心に残った次第である。画像は肥田剛一先生のVサインと「拍手が起こる生徒指導講話」の証拠写真である。

秋の創立50周年記念式典をはじめ、いろいろなことがあった第2学期が本日で終了する。そして、いろいろなことがたくさんあった平成29年もあと10日ほどで終了する。

学校に奉職している限り、1年の始まりは1月というよりも、新年度となる4月のイメージが強い。特に年明け早々の「中学校第二回入試」「中学校関東入試」「高校特別入試」「大学入試センター試験」のことを考えると、1年の終わりと1年の始まりというよりも全開で走っている真っ最中、まさに正念場という感が強い。

冬季進学講座は12月28日までであるが、その後、12月29・30日、1月3日~6日は高校3年生対象のセンター試験直前ゼミとなる。正直言えば、大晦日も元日も学校に出したいくらいである。

馬鹿の一つ覚えであるが、全員・全力・全う、ALL-OUT! なのである。


本日はここまで。

 


『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!