招き猫先生の『ことちか日記』H30 2/13

しばらくご無沙汰して申し訳ない。吾輩、旅に出ていました。

3連休を利用しての遠征は、久々の筑波学園都市、言わずと知れた「つくば言語技術教育研究所」での講座受講のためであった。

  

「中級教員研修 添削」2/10 10:00~17:00
「中級教員研修 小論文コース」2/11 10:00~17:00、2/12 9:00~16:00

数年前から、教員向けの基礎講座受講を中心に足繁く通った「つくば」であるが、今回もどっぷりと「言語技術の論理的思考空間」につかり、非常に実のある学びができた実感がある。日頃「授業で教える」ことに慣れた吾輩にとって「授業を受けて学ぶ」という体験は新鮮であり、楽しいものである。

確かに、齢54の身として1日6時間の学習、しかも時間に追い詰められつつ、文章を綴ることや頭を講座の内容を理解するためにフル回転させることは
楽ではない。同行した「ソエジー」こと、副嶋直美先生(吾輩よりも遙かに若い…かな)も頑張りつつ、疲れの色を見せていた。

しかし、取り組まなければならない。この言語技術教育を少しでも長崎日大に持ち帰り、生徒たちに提供したいと思う。「学ぶことをやめたとき、教えることをやめなければならない。」という名言が頭に浮かぶ。

また、全国各地から「熱い思い」を抱いて研修に参加する仲間の存在も吾輩とソエジーを励ましてくれた。今回は、講座の後にソエジーの友人である「秋田美人」と「奈良の烈女」とお話しすることができた。小論文の宿題があるにもかかわらず、その日の夕食後の会話が止まらなかった。その他にも、講座中にグループでご一緒した言語技術実践校の先生方にも親切に助けていただいた。感謝感謝である。

さて、愛する中1諸君の学年末考査を作成しつつ、愛しすぎている高3の二次個別対策の準備をしつつ、三森先生からの今回の宿題である小論文2本に取り組むこととしよう。

本日はここまで。

 

ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!