招き猫先生の『ことちか日記』R1 9/10

2学期に入り、令和2年度入試に向けての「学校説明会」が始まっている。

1学期のオープンスクールや夏休みの「部活の」オープンスクールなど、これまでにも多少は進めていたのであるが、入試日程などが確定したこの時期から、入試説明会、個別相談会などの開催が一段と増えていくのである。

先生たちから、事務局の職員の皆さんまで、長崎日大全員で、心をこめてお客様をお迎えするのである。

中学校、高校と分けて実施することもあれば、同時に行うこともある。
中学校の先生方にご来校いただき、開催する入試説明会の場合は高校だけのご紹介、塾の先生方をお招きする場合は、中学校・高校ともにご紹介申し上げる。保護者様やお子様を対象とした場合は、中高合同であったり、分けたりという感じである。

今年の高校の学校紹介のメインパーソナリティーは、数学科の新進気鋭の遠山先生である。意欲的かつ先進的な数学の指導にかけては定評のある遠山先生であるが、ここのところ「筋トレ」にも精を出し、頼もしい背中がさらに頼もしくなってきた。

長崎日大において、説明や挨拶などのコミュニケーションスキルのナンバーワンと言えば、今井教頭先生であることは周囲の認めるところであるが、遠山先生の説明を聴いて、今井先生が「熟練した局アナみたいですね。」と喜んでいた。

今後の入試説明会などにおいても遠山先生のトークをご披露することがあるので、拙ブログご覧の皆様は、受験生がいてもいなくてもお誘い合わせの上、ご来校いただければ幸いである。

中学校の説明も、コース長の「ソエジー」こと、副嶋先生と中学校の進路指導主任かつ柔道部顧問の原口先生のツインボーカルで実施するようだ。お二人の魅力溢れるトークが楽しみである。こちらも是非ご一聴いただきたいものである。

さて、入試説明会のトークの上手さによるお知らせ力というものは非常に大切なものであるが、もちろん、それだけではダメである。

学校説明会において不可欠なものは、「確かなストーリー」と「新鮮なトピックス」なのである。

「トピックス」とは、部活動の活躍や体育大会、文化祭、修学旅行などの学校行事とか各種イベント、様々な取り組みの充実である。

また、「ICT教育やってます」とか、「アクティブラーニングやってます。」とか、「制服かわいいですよ。」とかも含む。いわば、保護者様やお子様に「いいなぁ。楽しそうだなぁ。」と感じていただけるものなのである。本校で言えば「校舎が新しくなりました。」というのも、それに入るだろう。

「トピックス」は大切である。十年一日が如き「説明会」では、保護者様やお子様の興味・関心を引き寄せることが、なかなかに難しいことだろう。

しかし、さらに大切なものは「ストーリー」である。その学校で3年間、6年間学び生活することで、どのような成長を遂げようとするのか。当然、進路実現・進路保証というものが関わってくる。

大学合格だけを言っているのではない。さらにその先につながる先見性が必要なのである。

学業だろうが部活動だろうが、「そこからどうしていく。どうなっていく。」という、将来を見据えた学校生活があってしかるべきなのである。

本校の先生たちは「長崎日大で学び生活することで、こんな人間になっていってほしい。こんな人生を歩んでほしい。」という願いをこめて、毎日毎日、毎時間毎時間、ホームルームや授業の教室に向かい、部活動のグラウンド、体育館、道場といった練習の場に向かっていると思う。

まだまだ、行き届かないことがある「長崎日大の入試説明」かもしれないが、一人でも多くの皆様に、少しでも多くの「トピックス」と「ストーリー」をお伝えすることができればと思うのである。

拙ブログをご覧の皆様に、吾輩からのお願いである。

もし、少しでも長崎日大に対して興味・関心を寄せられている知り合いの方がいらっしゃれば、是非、今後の「入試説明会」「個別相談会」をご利用くださいませ。とお伝えいただけないだろうか。

本日はここまで。

 

『ことちか日記』過去掲載分をご覧になるには招き猫先生をクリックして下さい!