2019.9.17 座右の銘☆

1年3組(ACⅠ類)のHRでは、9月に入って「僕の・私の”座右の銘”」の紹介が行われています。今日、課題の連絡などで教室にお邪魔した流れで、H・T君のスピーチを聴かせてもらうことができました。

――― 私の座右の銘は「何処にもこうにも正解なんていない」です。これは、Lemonやアイネクライネでおなじみの米津玄師様の楽曲の中にある、歌詞の一部です。僕がこの歌に出逢う前、何に興味があって何をすればいいのか、またその考えは正しいのか、ずっと正解を探し回っていました。そんな中、YouTubeで暇な時に音楽を聴き回っていると、偶然この曲(歌詞)に出逢いました。その曲の色々な歌詞が僕の至るところで共感できて、「何処にもこうにも正解なんていない」という歌詞は、中でも最も印象に残りました。この歌詞を知ったことで、自分の出すいろんな答えに自信が持てるようになったし、これからを明るく考えられるようになりました。だから、僕の座右の銘は「何処にもこうにも正解なんていない」です。皆さんも、ぜひ聴いてみてほしいと思います。きっと、皆さんそれぞれ何かの壁にぶつかった時、勇気をもらえると思います♪

 

学級で共に過ごす仲間の、秘めた気持ちや世界観、個性が伝わるとっても良い時間だなぁと感じました。と同時に、話し始めると同時にすぅ~っと話者に集中する雰囲気にも、落ち着きを感じました。自身の中にある思考を、言葉にして伝える。そして、相手の言葉を受け入れ、咀嚼し、自身に置き換えて考える。「座右の銘」を題材にして、互いの言葉・互いの心が育っていくことが期待できそうです☆彡

あなたの「座右の銘」は何ですか?

2019.9.11 ついに来たか...

高校3年生が挑む、最後のセンター試験☆彡

最近、今年度用が各教室で配布され、いよいよ願書記入が始まっています。10月10日が〆切となっていますが、これは受験生が自身で提出する場合。現役生は学校一括の出願となりますので、進路指導部の指示に従って確実に提出しましょう♪

この時季になると、「ついに来たか...」と何だか気が引き締まる思いがします。高3を担当していなくてもそんな実感があるわけですから、高3の皆さんや高3の指導スタッフは尚のことでしょう。あと1週間ほどで4ヶ月前に突入し、そうこうしている間にあと100日を切ることになります。なかなか平常心を保つのも難しくなりますが、目の前の小山を1つずつ着実に乗り越えていきましょう!それを続けた先に、景色の良いてっぺん(=合格)が見えてくることでしょう。

*説明はもう十分に聞いていると思いますが、地歴公民・理科の受験選択には特に要注意です。間違って選択してしまうと、本来受けたいと思っていた教科・科目が受験できないだけでなく、出願できない大学・学部・学科が増えてしまいます。全国50万人以上が同様に挑む大一番ですから、特別扱いしてもらうことはできません。本当に正しく選択記入ができているか、くれぐれも慎重に確認をお願いしますよっ!

2019.9.9 行ってみた~い♪

今朝方、1年9組担任の村山先生から、

「先生っ、これ廊下のスペースを使って展示したいんですけど...」

と相談がありました。見ると、英語と美しい画像の数々、そして図表でキレイに仕上げた自作の行程表が載っている画用紙大のレポートでした。調べ学習を通して、自分で旅のプランを考案し、そのPRポスターを完成させようという1年プログレスの夏の英語課題です!手にしていた何十もの作品を見せてもらいましたが、どれも苦心の跡がうかがえる素晴らしい作品ばかりでした☆彡

代表作として紹介するのは、仲野友樹葉さん(1-8)櫻井心那さん(1-9)のプランです。仲根さんのツアーは、「サンタの故郷フィンランドで神秘的なオーロラに出会い、花の都パリを訪れる7日間の旅」、そして櫻井さんバージョンは「オーストラリアの5大世界遺産を巡る7日間の旅」。いずれも、フライトの日程もきちんと調べ尽くされており、今すぐにでも出発できる内容になっています♪

まだまだ、英語としては表現を練る余地はあるようですが、村山先生は「自分の興味関心と”英語”を融合させて、苦心しながら作ったことが分かってどれも魅力的です♪」と大絶賛しておられました。現代の若者らしくコンピュータ・スキルも存分に活用しての力作は、旅行業者に持ち込みたくなるクオリティです。1年プログレスのみんな、スゴイ☆彡

思わず「行ってみた~い!」と声を上げたくなるツアープランの数々。近日中に、何らかの方法で掲示・展示されると思います。お楽しみに!!

2019.9.7 コミュニケーションの力!

今日から全4回、高1を対象としたキャリア教育は「キャリア・カフェ」と題した参加型ワークショップで大切なことを勉強します。

有限会社コンフィエ様から、外部講師として3名の方を招聘して実施するこの活動。初回の今日は「つながるコミュニケーションを学ぶ」という目標設定でご指導をいただきました。企業に”求める人材像”を問う、マイなびのアンケートによると、16年連続1位は”コミュニケーション能力”なのだそうです。また、大学生側から得たアンケートも、1位は「上司や同僚と、上手く人間関係を築けるかが不安」という回答が毎年の如く上位に来るとか。

そういった現状もスライドでご紹介いただきながら、生徒のワークショップをリードいただきました。印象に残ったのが、「お地蔵さんワーク」という活動でした。

 

生徒が2人でペアを作り、最初に話し役が「この夏に楽しかったこと」を相手に話しかけます。それを、聞き役側はお地蔵さんのようにじっと動かず、一切反応をせずに聞き流します。写真の女の子たちは、視線も合わせずほとんど”無視”状態...ナイスお地蔵さん!その後、2回目は、しっかり相手の話に相槌を打ち、表情豊かに反応を示したり質問したりしながら聴いてあげます。双方の話しやすさ、「話そう♪」という気持ちの高まり具合などを比較して、良いコミュニケーションのあり方を身を以て体験するというワークショップでした☆彡

このように自分たちが実際に体験した事柄は、すぅ~っと生徒たちの中に浸透するようです。最後のまとめまで、高1生はしっかり頷きながら講義に耳を傾け、普段以上に頑張ってアンケート用紙を記入していました。80分の活動を見ながら、自分も「お地蔵さんまではいかずとも、パソコンしながらとか仕事しながらとか、100%集中して生徒や先生方に対応していないことあるなぁ...」と猛省です。このような貴重な取り組み(キャリア・カフェ)が、更に内容をパワーアップさせてあと3回続きます!自身の生き方や輝き方につながるキャリア教育、今後も頑張って受講しましょう♪

2019.9.6 目標☆彡

「○○大合格」の標語は秋以降はマイナスに!

受験情報誌『蛍雪時代』を読んでいると、こんな言葉に出会いました。夏休みが終わって、いよいよ受験モード全開の高3生♪日本大学特別推薦をはじめ、9月上旬から長崎日大も様々な動きが出始めています。そんな中、自分を励ますつもりの上記のような言葉が、逆にプレッシャーになるとか。焦りや不安を生むことになり、かえってパフォーマンスを下げることになる...何だか分かる気がします。

では、悩める長崎日大高3生にとっては、どのような目標設定が良いのでしょう?
有名な「SMART(S)ゴール」という考え方があります。

S:「Specific」 具体的な
M
:「Measurable」測定可能な
A
:「Attainable」 達成可能な
R
:「Realistic」 現実的な
T
:「Time-bound」 期限付きの
S:「Self-determined」自分で決めた

大学に合格するという「結果的についてくる」ような目標ではなく、自分の中で設定し完結できる内発型の目標を、丁寧に丁寧にクリアし続けていくことが自信をキープするコツみたいです。その繰り返しにより、やがて合格という大きな頂きに手が届くことにつながるのですね♪

毎日、本当に良く頑張っている長崎日大の高3生たち。頭が下がります。でも、時にはリラックスできる束の間の時間も確保しながら、体調に留意して生活してくださいね。

サブカテゴリ