柔道部 長崎県勢92年ぶりの快挙

「柔道部 長崎県勢92年ぶりの快挙」

 

 7月22日(土)から3日間、高校柔道日本一を決める金鷲旗高校柔道大会(マリンメッセ福岡)において本校柔道部が長崎県勢では1925年以来92年ぶりとなる全国4強に進出し見事3位に輝いた。 東福岡や福岡大大濠を破って挑んだ準々決勝で春の全国選手権3位の崇徳(広島)と対戦し、大将同士の試合を制した。迎えた準決勝では、春の全国選手権で優勝した桐蔭学園と対戦、わずか指導2の差で惜しくも敗れたが、全国に長崎日大の名を轟かせた。