創立50周年記念桜菊祭&POLUライブ

創立50周年記念「桜菊祭」。今年のテーマは「桜華爛漫」。

第一体育館の前方一面に映し出されたプロジェクションマッピングも

まさに桜華爛漫でした!

各教室の展示、中庭のイベント、食堂横の食べ物コーナーなど、楽しい

催しがいっぱいで、とても楽しい桜菊祭でした。

そして、閉会式後のスペシャルステージ。

中学生ボーカリスト丸山純奈さん擁する「POLU」の演奏で大盛り上がり!

創立50周年記念事業はこれで一段落しますが、その最後を飾るに相応しい

桜華爛漫なステージでした。

このステージの模様はPOLUのTwitterからもご覧いただけます。

健康・安全・安心マナー講話

3月3日 健康・安全・安心マナー講話(至誠推進部)

 

DV防止ながさきより小松由美子様をお迎えして、「気持ちを言葉にするⅠ(アイ)メッセージ」という題で講演をいただきました。DVにならないためには対等な関係が必要ということを、寸劇やイラスト、音楽やDVDなどいろいろな角度から教えていただきました。貴重なワークショップをご提案いただき本当にありがとうございました。今回はその様子を紹介させていただきます。

小松 由美子様

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第49回卒業証書授与式

『第49回卒業証書授与式』

 

平成30年3月1日(木)、日本大学学長代理として日本大学副学長の落合実先生をはじめ多くの来賓の方をお迎えし、厳粛な雰囲気の中、第一体育館にて第49回卒業式が執り行われました。今年度の卒業生は、385名で、普通科代表として清水海君、デザイン美術科代表として吉野天斗佳さんが栄えある卒業証書を力野孝典校長より受け取りました。また、本校で最も名誉とされる日本大学学長賞は銭谷祐依さん(学業部門)と山口貴也君(体育部門)が受賞しました。また、皆勤賞受賞保護者(77名)の方々に対し、この素晴らしい記録に敬意を表し力野孝典校長より表彰状が渡されました。

立派に育った姿を誇らしく想う気持ちと、3年間一緒に過ごした母校を卒業していく寂しい気持ち。生徒たちにとっても教職員にとっても特別な一日となりました。

 

 

 

 

 

 

卒業記念講演を実施

『卒業記念講演を実施』

 

 2月27日(火)3年生を対象に、諫早市の正福寺の住職である山口光昭様をお迎えして、卒業記念講演を実施しました。

講演のテーマは「生きるということ」

先生がこれまで関わってこられた様々な人たちの生き様を紹介しながら「〝障り〟(障害)の無い人生を願って歩むのではなく、障りがあるからこそ気がつけることがあり、乗り越える力が生まれる。様々な問題から逃げるのではなく、自分自身を鍛えていただいていると考え、周囲の人に対していつも感謝の気持ちを持つことが大切。そんな障りの中で人間らしく前に進んでいってください」とご教授くださいました。

生きるということについて、じっくりと考える機会となりました。

 

講師:正福寺住職 山口 光昭先生

 

 

 

マラソン大会を実施しました!

2月7日、日差しはあるものの気温5℃の寒空のもとで、恒例のマラソン大会が実施されました。

会場は諫早市の長崎県総合運動公園外周コース。

高校男子は約7km、高校女子・中学男子は約5km、そして中学女子は約3kmの距離を走ります。

沿道で先生たちの応援を受けながら、生徒たちは頑張って走っていました。

お疲れさまでした。