3学期終業式を実施

3学期終業式を実施しました。

 

 321日(土)中学・高等学校合同の終業式を行いました。力野校長は、いよいよ4月から進級する在校生に対し、「何事も、周りに言われてから行動するのではなく、自分自身の考えに基づいて判断し、その時、その場所において適切な行動を取ることが大切。そのためにも、自分自身の行動を客観視する厳しい目を持つこと、即ち、「自己指導力」が求められます。行動する前に、「ちょっと待て、適切な行動なのか、他に考えはないか」と自問自答することが、自己の確立に繋がります。入学時の自分の想いや夢に目を背けること無く、まずは目標に向けてスタートしましょう」と、来年度に向けて力強く激励しました。

 DSC_2179

 

DSC_2182

 

その後、肥田至誠推進主任より講話がありました。

 至誠推進講話「2017CREATE日大 夢を持とう!」

今回は「夢を持とう」という題でとても勇気づけられる内容でした。宇宙ロケット開発という少年のときの夢をのせて、挑戦しつづける植松努さんのお話しを熱く語られました。植松氏が失敗と挫折を繰り返し、まわりから「どうせ無理、絶対無理」という言葉を投げかけられ、自信を失いそうになりながらも、懸命に夢を追い求める姿に感動しました。なかでも、どうせ無理という言葉がどれだけ子どもの夢を奪い、自信を失わせるひどい言葉なのかがよくわかりました。

日頃先生方が生徒の質問に「こうしたらいいよ」「ここで調べるとうまくいくよ」と優しく声をかけてくれるのは、子どもたちに夢を持って生きてほしいという温かいメッセージだったんだということが実感できました。

さいごにマシュマロテストという心理テストを題材にして、夢を引き寄せる力について教えていただきました。夢を引き寄せるには将来のことを考えて「がまんする力」が必要ですよと優しく教えていただきました。部活の練習や課題で大変なことがあるけれど、明るい未来を創るためにしっかり今を頑張ろうと思いました。

2017年の至誠テーマは「CREATE日大」です。今回の講話で、生徒のみなさんは「夢を持って生きていこう!」と強く決意してくれたことと思います。

 

   

  

 

その後、表彰式・退任式が行われました。

 退任式では、今年度4名の先生が涙ながらに生徒たちに最後のメッセージを伝えられました。たくさんの卒業生があいさつに駆けつけ、生徒からはそれぞれ花束が贈呈され、ご退任の先生方のスタートを大きな拍手でお送りしました。

 

 

至誠オリエンテーションを実施

至誠オリエンテーション元気にスタート!

~支えられる人から 支える人へ~

 

3月6日(月)から18日(土)まで、長崎日大では次年度オリエンテーションを実施します。今年は2年生プログレスコースから元気にスタートしました。そこで、肥田至誠推進主任より「STEP日大!支えられる人から支える人へ」という題で話しがありました。どういう大人になるかを考えるとき、まずはどういう先輩になるかについてしっかり考えてほしいと熱く語られました。講演では、今年卒業した先輩たちの心温まるビデオレターを織り交ぜながら、長崎日大を後輩たちへ託す想い、そして夢をしっかり届けました。みんな真剣な澄んだまなざしで受け止め、先輩たちとの過ぎ去った思い出とともに、最上級生としての自覚と決意を新たにしました。

さいごに、熊本地震復興のための「嵐のビデオレター」を紹介し、かけがえのない地球がみんなの愛で支えられていることに共感し、支えられる先輩そして真の大人にステップアップすることを胸に誓いました。50周年に向けて長崎日大がさらに温かい絆で結ばれることを期待しています。

至誠推進情報マナー講話

至誠推進情報マナー講話

すごい!早い!熱い!3拍子揃った大反響の情報マナー講話

 本学園では学園マナーオリエンテーションの一環として、情報マナー講習を実施しています。今回は、3月4日土曜日に第一体育館で全校生徒そして保護者様もお迎えして、グリー株式会社から安心安全チームマネージャーの小木曽様に、「正しく怖がるインターネット」と題しご講演をいただきました。

   

まずはすごい! 日常とインターネットの世界に境目がないこと、そして私たちの日常がネットとつながりっぱなしである現実を、専門のお立場から詳しく説明していただきました。私の投稿は友達限定だから大丈夫!などと、のんきなことは言っていられないゲンダイネット事情について深く実感することができました。ネットから自分を守るキーワードは「玄関先に書いていけないものは、ネットに書き込まない!」です。このお守りワードを生徒はしっかり握りしめてくれたことでしょう。

  

次に早い!広い場内を所狭しと動き回るパワフルな講演に、会場全体が小木曽ワールドに包まれあっという間の60分でした。まさしく、笑いと感動の連続でした。

 

そして熱い!生徒をネットトラブルから守るという熱い思いに、保護者・先生は感謝と尊敬の気持ちでいっぱいでした。そして、インターネットが創る夢の暮らし、幸せの演出、ネットがあってよかったと感じる未来予想図について語っていただきました。その熱い想いに触れ、生徒は心をときめかせ、目を輝かせていました。

講演終了後は会場に残った多くの生徒が師と仰ぐ小木曽さんに、長蛇の列をつくり質問をし続けていた光景が印象的でした。心に残るご講演をいただき、素敵な一日を過ごすことができました。日大の情報マナーはこれできっと100点満点です。

ありがとうございました。

第48回 卒業式を挙行

「第48回 卒業証書授与式を挙行」

 

 平成29年3月1日(水)、日本大学学長代理として日本大学副学長の落合実先生をはじめ多くの来賓の方をお迎えし、厳粛な雰囲気の中、第一体育館にて第48卒業式が執り行われました。今年度の卒業生は、355名で、普通科代表として岩永 樹君、デザイン美術科代表として永田 潤大君が栄えある卒業証書を力野孝典校長より受け取りました。また、本校で最も名誉とされる日本大学学長賞は今年度は本田 哲朗君が受賞しました。

卒業証書授与

 

 

日本大学学長代理として、日本大学副学長の落合実先生よりご祝辞を賜りました。

 

 日本大学学長祝辞 学長代理日本大学副学長 落合 実先生

 

 

 

 告辞 野上 秀文理事長

 

 

 

 式辞  力野 孝典校長

 

 

 

3学期始業式を実施しました

「3学期始業式を実施しました」

 

平成29年1月10日(火)3学期始業式が行われました。新しい年を迎え、はつらつと登校した生徒たちは、第一体育館に集合しました。始業式の中で、力野孝典校長は、「今年、長崎日大は創立50周年を迎え、7月には新校舎が完成します。校舎だけでなく、チーム日大で協力して、新しい長崎日大を創造していく1年にしましょう」と、生徒達に呼びかけました。また、受験間近の3年生に対して、『「彼も人なり。我も人なり」の精神で向かい、今まで自分たちが取り組んできた日々に「誇りと自信」を持って、最後まで諦めずにやり遂げて下さい。』と激励しました。

 

 

その後、至誠推進主任の肥田先生より、「2017酉年 志高く!」と題し、新年の挨拶と講話がありました。今回はお正月から活気あふれる学園の様子について、いろんな場所での取材をもとにお話しがありました。とくに、夢に向かって頑張る生徒のみなさん、それを笑顔で支える保護者や先輩そして先生方の様子を熱く語られました。生徒へのインタビューや保護者の炊き出しの様子、先生や先輩からの心温まるメッセージなどを織り交ぜながら、アットホームな雰囲気の中、みんなの笑顔とともに50周年飛躍の年に向けた、最高のスタートを切ることができました。

 

 

 【3学期始業式至誠推進講話】    【部活動の書き初め】