1学期始業式を実施しました。

「一学期始業式を実施」

 

 平成29年度いよいよ幕開けとなりました。

 4月7日(金)第一体育館にて一学期始業式が実施されました。

 始業式は力野校長からの「全国高等学校選手権大会において、柔道部が長崎県で初めて団体5位の快挙を成し遂げました」という素晴らしい報告から始まりました。また、初年度の挨拶として「どの学年にも、学業や部活動など、果たさなくてはならない到達地点があるはず、心に決めた目標に向かい、一日一日こつこつと努力を継続していくことが必要不可欠であり、なにより諦めない気持ちを最後まで持ち続けることが大切です」と語る中で、1月場所で初優勝し横綱に昇進した稀勢の里関を例に挙げ、決意を貫くことの大切さを生徒達に伝えました。

 

初年度の挨拶を語る 力野孝典校長

 

 校長先生の挨拶の後、至誠推進(生活指導)部主任の肥田先生より次のような話がありました。

 

 至誠推進講話「2017夢支導部スタート!」

 今回は「夢支導部スタート!」という実に興味深い題です。今年の至誠推進部の目標は、50周年!メモリアルイヤーの今年、さらに夢を加速させる部として進化したい!そのために生徒指導部ではなく、夢を支え応援する「夢支導部」としてみなさんのお役に立ちたいという夢と意気込みを熱く語っていただきました。途中難関大学現役合格を見事達成した先輩たちのエピソード、つい最近全日本4連覇を果たした柔道永瀬選手の東京オリンピック金メダルにかける想いなどを織り交ぜながら、生徒の目と心は引き寄せられ、身振り手振りの話しに夢中で耳を傾けました。

会場は「夢支導部」というフレーズに温かさを感じ、夢支導部のメンバー紹介でさらに、「感動日大」という次のステージに飛躍させてくれる原動力になってくれると確信してくれました。

2017年の至誠テーマは「CREATE日大」です。50周年!「感動日大!」のステージを創造するために、生徒と共に日に日に新たに進化し、豊かな未来を夢見て、笑顔でイキイキと生きていきたいと感じました。

 

 

 至誠推進部 担当 松本太一先生(柔道部監督)


至誠推進部メンバー