50周年記念式典を挙行しました。

『創立50周年記念式典を挙行』

 

    

2017年11月12日(日)本校第一体育館にて、創立50周年記念式典を挙行いたしました。日本大学理事長、日本大学学長をはじめ、多くのご来賓の方々、同窓生、在校生、教職員など925名の出席を得て、祝福の中に滞りなく式典を終えることができました。

式典は、本校の力野孝典校長による開式の辞で幕を開け、野上秀文理事長が「これからも至誠・勤労・創造を精神的礎として、生徒が主役として輝く青春のステージとなる学園として邁進していく所存であります」と式辞を述べました。続いて、日本大学田中英壽理事長、日本大学大塚吉兵衛学長、中村法道長崎県知事(吉浜隆雄総務部長様代読)、・宮本明雄諫早市長から貴重なご祝辞をいただき、教職員一同感動を新たにいたしました。

次に、新校舎建設においてご尽力いただいた日本設計様、松尾建設様に感謝状が贈られました。その後、本校の特色の一環として中高一貫コースの音楽の授業で習得しているヴァイオリン演奏が披露されました。ヘンデル作曲「水上の音楽」第二組曲からアラ・ホーンパイプが演奏され、式場内に美しい音色が響き渡りました。卒業生の代表として第18回生の増田寿一氏が述べました「卒業生 長崎日大を語る」は、本校の歴史と伝統の深さを感じさせると共に、卒業生としての誇りと愛校心に満ちた内容でした。また、在校生の代表として高校生徒会長の永江華子さんが述べた「在校生 未来を語る」は、本校の更なる発展を期待させる内容でした。

式典では記念演奏として、本校卒業生4名によるオペラが演奏されました。曲はレハール作曲オペレッタ、メリーウィドウより「唇は語らずとも」。ヴァイオリンとピアノの美しく心地よいメロディーと迫力の声量で奏でられた二重唱に会場内からは盛大な拍手が送られました。フィナーレには参加者全員で校歌を斉唱し、心を一つにしました。なお、式典アナウンスを担当したのは本校放送部1年の中里和奏さん、北園千聖さんでした。
これまで50年、本学園にご協力をいただいた関係者の方々に厚く御礼を申し上げますとともに、今後とも変わらぬご支援をお願い申し上げます。

開式の辞 力野孝典校長

 

式辞 本学園 野上秀文理事長

 

祝辞 日本大学 田中英壽理事長

 

祝辞 日本大学 大塚吉兵衛学長

 

祝辞 中村法道長崎県知事(吉浜隆雄総務部長様代読)

 

祝辞 宮本明雄諫早市長

 

中学生・高校生によるヴァイオリン演奏

 

卒業生代表 第18回卒業生 増田寿一氏

 

在校生代表 高校生徒会長 永江華子さん

 

卒業生4名による記念演奏