デザイン美術科

長崎日大 デザイン美術科は、生徒が個々の特徴を生かし、優れた能力を身につけることができるよう、基礎的な内容から専門的な知識と技術を身につける授業まで幅広い専門授業を展開しています。

美術系大学進学説明会を行いました

美術系大学進学説明会を行いました

東京の美術予備校、新宿美術学院の先生を講師に招き、美術系大学進学説明会を行いました。

美術やデザインの分野で学べること、将来の職業の分野は多岐にわたります。美術大学で学べることやスキルを身につけるポイント、絵画学科、デザイン学科、彫刻学科など各専攻科で学ぶ内容の違いなど、詳しく解説していただきました。

 

また、芸大・美大に進学する上で求められる能力や学習のポイントについて参考作品を用いてわかりやすく解説していただきました。

 

デ美科 体験学習「シルクスクリーンで作るオリジナルTシャツ」

 

デザイン美術科体験学習「シルクスクリーンで作るオリジナルTシャツ」を開催いたします。

シルクスクリーンとは、薄い布(シルク)を使って刷る版画の一種です。

自分で描いたオリジナルのイラストをTシャツにプリントし、同じ絵柄のTシャツを複数作ることができます。

初めての方でも簡単に作ることができますので、お気軽にご参加ください。

プリント用のTシャツは、2枚までこちらで用意します。持参したものにプリントすることも可能です。

日時:平成29年6月3日(土)10:00~15:00
場所:長崎日本大学高等学校 デザイン美術科実習室
対象:中学1・2・3年生

参加費:無料
持参するもの:

  1. 昼食の用意、
  2. 描きたいもの(資料等)がある場合はご持参ください。
  3. 材料等は用意してあります。自分のTシャツ等にプリントしたい場合はご持参ください。
  4. エプロンは用意してありますが、汚れが不安な方は汚れてもよい服装でご参加ください。

 

チラシを見る

 申し込み方法

メールによる方法
以下のメールアドレスに「参加者のお名前」、「参加イベント」、「緊急連絡先(電話番号等)」を記入し、送信してください。

メールアドレス :  このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

デザイン美術科卒業式を実施

デザイン美術科卒業式

 

 毎年、国公立大学の受験により卒業式に参加できなかった生徒に対し、デザイン美術科では独自の卒業式を実施しています。この行事は在校生が主体となって計画し実施する、手作りの卒業式です。今年度は、新校舎である3号館での実施になりました。

 

 校長先生から卒業証書を受け取った後、卒業生6名のために式辞のことばをいただきました。

 校長先生をはじめ、教科担当の先生や生徒会からも代表生徒数名が参加するなど、多くの人に出席していただきました。

 2年生の安藤菫さんは「3年生が目標であり心の支えだった」と感謝と敬意の気持ちを伝え、これからは先輩方が築いたデ美科の伝統を私達が受け継ぐ、と決意を込めた送辞を述べました。

 

答辞では宮地佳乃さんが「デ・美・科」の頭文字を使い、インパクトのある答辞を述べました。

 

デザイン美術科長である木本先生からは、「デザイン美術科生の社会に出てからの絆」についての話があり、卒業生にとっては最後の授業となりました。

 

 在校生が心を込めた劇やクイズなどの出し物を披露し、最後は歌と映像のプレゼントで式を締めくくりました。笑いあり涙ありの卒業式は、卒業生にとっても在校生にとっても特別な時間になりました。

  

 

 

  3年間、長崎日大高校デザイン美術科での教育にご理解、ご協力を下さった保護者の皆様に心より感謝を申し上げます。