高大連携ジョイントセミナー

「デザイン美術科では高大連携ジョイントセミナーを実施しました」

 

 

72()、佐賀大学より准教授の小木曽誠先生をお招きし、高大連携ジョイントセミナーを行いました。

「美術を学ぶということ」をテーマに、

講義は「皆はなぜ美術を学ぶのですか?」という問いから始まりました。

その問いに対し、2年生の中には「美術が好きだから!」と元気よく答える生徒もいれば、

3年生は「自分の専門性を高めるため」と進路も視野に入れた返答もありました。

現在、美術作品が世界でどのような値段で取り扱われているか、またその作品を時給や材料費に換算したり、値打ちがついている作品に実際に触れて鑑賞したり、また過去の事例をあげることで、さまざまな視点から文化と美術作品に対する価値観を考ることができました。また、美術大学への進学費用がどの位必要で、作品はどのような値段で取り扱われているかシミュレーションをしました。

最後に小木曽先生より、美術を学ぶ上で大切なことは、1番になるという考え方ではなく違いが個性であり、それを自分の武器だと理解することです。よって、美術での学びが前に進み出す力・考え抜く力・チームで働力を育むことができます。と、これからの文化を創っていく高校生たちに力強いメッセージをいただきました。

 

その後、時間いっぱいまで活発な質問や意見交換がされ、美術で生きるための目標や、美術への取り組み方について振り返ること、さらに現在のアートシーンを知るよい機会になりました。

 

 

 

 

 

デザイン美術科黒板Jack!!

 

デザイン美術科黒板Jack!!

 

 今年度からデザイン美術科では、内部中学校の3年生に向けて黒板Jack!の企画・制作をしています。今回は六年制コースの先生方にご協力頂き319()に実施することができました。

 

黒板Jack!とは、本校の中学3年生が修了式に出席している間にデザイン美術科が教室の黒板を乗っ取って絵を描き、修了式を終え教室に帰ってきた中学生をびっくりさせる企画です。

 

 

 制作に携わったデザイン美術科の生徒たちは中学生のことを考えながら、新たな出発にふさわしいメッセージを伝えるためにはどんな画面にするか?当日は桜が咲かないから黒板に咲かせたら喜んでもらえるのでは?など全員でアイデアを出し合いこの日のために打ち合わせを重ねてきました。

 “誰のために”“何のために”作品を作るのか、と考える時間を持ってから制作に取りかかるることで、目的意識を持って制作することの大切さやものづくりのやりがいを改めて実感できたのではないかと思います。

 

 

 

 最後に、六年制コース中学校3年生の皆さんご卒業おめでとうございます。制作者一同心を込めて。

 

 

 



デッサンコンクールを実施しました。

デザイン美術科 デッサンコンクール講評会

 

 デザイン美術科ではこの3学期に素描の授業で12年生合同のデッサンコンクールを行いました。

そして本日310日はコンクールの講評会が行われました。

 

コンクールでの作品上位者は、校内に作品が展示されます。

 

 デッサンコンクール第一位 吉野天斗佳(大村中学校出身)

 

デッサンコンクール第二位 萬歳千聖(長与第二中学校出身)

 

デッサンコンクール第三位 細川京佳(長崎日大中学校出身)

 

 デッサンコンクール第四位 藤原紗南(桜が原中学校出身)

 

  3学期が終わればすぐに新しい学年へ進級します。1年生は先輩に!2年生は受験生です!後輩たちが憧れる先輩になってくださいね。素描の授業を通して身につけた実力を、進路や制作活動に繋げていくことを期待しています。

12月13日歳神社に奉納した天井画がお披露目されました。

 この度、長崎日本大学学園創立50周年記念事業の一環として、300年以上の歴史ある諫早市貝津町の歳神社(1670年創建)に、本校デザイン美術科生徒の描いた天井画112枚を奉納させていただく運びとなりました。

 日本画の技法で生徒一人一人が描いた作品は、日本の四季折々の自然を表現しています。

 

当日の会場には、約50人が参加し、生徒の描いた天井画もお披露目されました。

 

 その歳神社にて「餅まき」が行われ、地域の人たちと一緒に神社の改修をお祝いしました。

 神主様、会長様、理事長先生方がお餅をまいて、会場はとても賑わっていた様子です。

 

 

 皆さんもぜひ、天井画を観に歳神社へ足を運んでくださいね!

高校美術展で受賞しました。

平成27年度 長崎県高等学校総合文化祭美術展にて本校生徒が入賞・入選しました。

長崎県下全域の高校生が出品して開催される、長崎県高等学校総合文化祭美術展にて、絵画部門、デザイン部門で、本校生徒15名が受賞しました。

尚、絵画部門優秀賞の細川京佳さん(デザイン美術科1年生)の油彩作品「サバイ」は、次年度九州大会出品作品に推薦されました。

 部門 賞  氏名   学年
絵画部門 優秀賞 細川 京佳 デザイン美術科1年
デザイン部門 優秀賞 後藤 実穂 デザイン美術科2年
優秀賞 松山 和美  普通科1年
優良賞 岩里 杏美 デザイン美術科1年 
 絵画部門 入選 長門 聖実 デザイン美術科2年 
 〃 入選  藤原 紗南  デザイン美術科2年 
 デザイン部門 入選 立石 瑛梨  デザイン美術科2年 
 〃 入選 近石 茉凜 デザイン美術科2年
 絵画部門 入選  堀内 優香  デザイン美術科1年 
 デザイン部門 入選 平 拓海  デザイン美術科1年
 〃 入選  岩永 千聖 デザイン美術科1年
 〃 入選  大道寺 淑美 デザイン美術科1年
 〃 入選  髙江 昼 デザイン美術科1年
 〃 入選 前田 瞳 デザイン美術科1年
 〃 入選 古川 和希 デザイン美術科1年