デザイン美術科Q&A

デザイン美術科Q&A

長崎日大デザイン美術科についてのよくある質問をまとめました。

  • 入学試験の実技はどのような内容ですか?
  • デザイン美術科の特色を教えてください
  • デザインや美術を学んで将来どんな仕事がありますか?
  • 私立高校は学費が高いのが心配です

Q. 入学試験の実技はどのような内容ですか?

A. 鉛筆デッサンを描きます。モチーフは円柱形のものや球形のもの箱型のものなど基本的な形態のものが出題されています。円柱形のモチーフとしては、瓶や缶などの容器やレンコンなどの長細い形をした野菜などです。球形のモチーフとしては、ボールやりんごや玉葱など果物や野菜などです。箱型のモチーフは直方体や立方体の紙箱やレンガやブロックなどです。評価のポイントとしては、モチーフの形態・色・質などの観察ができているかという基本的なことと、鉛筆で描く表現力などを評価の対象としています。

Q.・ デザイン美術科の特色を教えてください
A.普通教科のほか、専門教科として、デッサン、絵画、平面構成、立体構成、ビジュアルデザイン、プロダクトデザインなどを学びます。教師陣は、東京藝術大学、多摩美術大学、日本大学芸術学部などの大学でデザイン・美術について専門的に学んだ専任スタッフに加え、実務経験の豊かなデザイナーを講師として招いています。デザイン・美術の専門教科について、特色のある、各個人の感性を伸ばす授業を展開しています。

Q.・デザインや美術を学んで将来どんな仕事があるのでしょうか
A.人間の手によって造形されたものはすべてデザインが施されています。たとえば自動車や家電製品のような工業製品の外観のデザインはプロダクトデザインと呼ばれ、製品が生産されるかぎり、なくてはならないものです。もちろんその他にも、ポスター、コマーシャル、広告物など視覚で意味を伝達するためのデザインも必要ですし、住空間も快適に造形された室内に住みたいと思うでしょう。衣類なども、よりデザインのよいものが好まれます。逆に言えば我々は誰かがデザインした様々なものを使って生活しているといえます。

近年では情報技術が発達・多様化し、デザインやアートが必要とされる分野も増えてきていて、需要も拡大しており、デザイン・美術などの才能が求められています。

Q.・私立高校は学費が高いのが心配です
A.たしかに、公立高校と比較すると、授業料は高めです。私立高校においては、県内の学校では、金額の面でそれほど大きな差は無いようです。

経済的な理由により、授業料の支払いが困難な生徒への援助として、県や市の奨学金制度などいくつかの奨学金制度があり、これを利用している生徒も多数います。その他、本校独自の制度として、学習奨学生制度があります。学習奨学生に合格すると、入学金、授業料、施設設備費、スクールバス維持費の全額または半額が免除になります。平成19年度より、デザイン美術科においても、学習奨学生の制度を設けました。ぜひ挑戦してみてください。(学習奨学生についての詳細はこちら)