理事長・校長挨拶

【創立の趣旨】

 本校は、第五代日本大学総長・永田菊四郎博士の郷里である長崎県に、日本大学の付属校を誘致し、現代教育の昨興に寄与し、併せて永田先生の学徳を賛仰したいとの郷土の願いが結実し、本県有識者および日本大学校友が中心となり、昭和42年に創立されました。

【教育理念・教育目標】
 「世界の発展と平和、人類の福祉に貢献できる、誠実な人格を形成し、行動力と創造する精神を育む教育によって、未来社会を支えるにふさわしい人物の育成を目指す」という教育理念の下、以下の教育目標を掲げ、師弟同行の教育活動を続けております。

  • 社会貢献の気概、豊かな人間性と鋭い道理の感覚を養い、優れた学力の修得を目指す個性豊かな生徒が集う「生徒が主役」の学園を目指す。
  • 意欲的に学び、深い思考力・確かな判断力・豊かな表現力を備え、逞しい実践力と品位ある人間性を身につけた活力溢れる若者を育てる。
  • 教職員が自らの専門性の向上に努め、和を尊び、相互に教育的指導力と社会的人間力を高め合う、活気に満ちた本校独自の教育環境を創造する。

創立50周年を経て

長崎日大は、「新たな第一歩」を踏み出します。

理事長  野上 秀文

理事長 野上秀文

 平成30年1月、まさに近未来対応型と言える斬新かつ魅力的な新校舎及び新キャンパスが完成いたしました。この校舎は長崎日大50年の集大成であると同時に、さらに未来に向かって挑戦していこうとする、私たちの強い意志を示すシンボルでもあります。     

 学園として、何よりも優先されるべきものは「生徒たちの生活空間・学習空間」です。新キャンパスは「新たな時代」にふさわしい先進性と温かい落ち着いた雰囲気に満ちた魅力的な空間として機能していくことでしょう。

 また、長崎日大50年の価値ある伝統を継承しつつも、「不易流行」の精神に基づく進化を目指し、再検証と開発を続けてきた長崎日大独自の教育コンテンツや育成システムの展開によって、生徒たちが「主役」として躍動し、大きく成長することを確信しています。  

 在校生、卒業生、教職員、保護者の皆様をはじめとする、学園に関係するすべての皆様方の「オール日大」「日大ファミリー」としての力を結集し、昨年度の創立50周年の記念式典等すべての行事を大成功のうちに終了することができました。衷心より感謝申し上げるとともに、新たな時代への第一歩を踏み出していく長崎日大に対しましても変わらぬご理解とご協力の程、よろしくお願い申し上げます。

 

未来を創造する新たな学園を目指して

校長 力野孝典

 校長  力野 孝典

 創立50周年を経て、本校が新たな第一歩を踏み出す今年度を、生徒の未来とこれからの世界、つまり未来社会を創造していく資質と能力を研究し、養成していく一年にしていきたいと考えております。本校に集う「チーム日大」の一人ひとりがそれぞれのステージにおいて輝きを放ち、その個々の素晴らしさを互いに尊重し、未来への爽やかな旋風を巻き起こすことを期待しています。

平成30年度教育方針において以下の【目指す学校像】を定めております。

【目指す学校像】
1.「チーム日大」として、よりよい未来社会を創造する学校
2.「人生を切り拓く資質と能力」を養成する学校
3.真のグローバルマインド(相互理解・相互尊重)を共有する学校

  上記の【目指す学校像】を生徒・保護者・教職員全員の「共通理解・共通実践」のテーマとして共有し、揺るぎのない魅力的な学校を構築していきたいと考えております。

  卒業のとき、大いなる夢と希望を抱いて学舎を巣立っていく生徒・保護者の皆様に「日大に来て良かった」と心から語っていただける学校であり続けることは今後におきましても私たちの目指すものですが、確かな進路実現の達成とこれからの時代に求められる資質・能力の養成に努めることにより「生徒たちの人生に効く学校」となることに全力を傾注してまいります。