4日目~語る~

今日は本格的にオーストラリアの高校で行われる授業を体験させていただきました☆彡

scienceでは、イチゴのDNAを取り出して調べるという実験を、BPHの学生と合同で行いました。文系は化学基礎、理系は化学を高2から学習していることもあり、興味津々に実験に取り組んでいたようです。そのほか、cookingやmusicの授業も受けることができ、日本での学習とひと味違った勉強ができました♪

本校にとっての本日のメインイベントは「プレゼンテーション&国際フォーラム」でした!GEP5年間の集大成として発表したプレゼンテーションでは、ジェスチャーを交えたりパフォーマンスを取り入れたりと練習(準備)以上の発表ができたようで、宮口&久保の引率陣も驚くほどの成果を上げてくれたようです。今日のために調べ学習から英文化、そしてプレゼンのシミュレーションと頑張ってきた生徒の姿を知っているだけに、それが最高の形で報われたことに感激したのことでしょう♪

またdiscussionや国際フォーラムでは、オーストラリアの学生の考え方に触れつつも、日本の視点で自分の考えを述べ、対比させたり昇華させた意見に発展させたりと高度な学びの場を創ることができました。GEPのオーストラリア研修を5年(高2)にした理由の1つに、英語のシャワーを浴びてくるだけでなく、「日本の若者の考え方や思考を、外国人を相手に臆せず主張して残して来たい」という思いがありました。今日は、それを実践することができた貴重な1日でした。

        

明日は、ブッシュタッカーツアー(日本でいう遠足)などの校外研修も予定されています。毎年、アボリジニの聖地をバックに集合写真を撮っている、我々にとってはお馴染みの地に赴きます。オーストラリアの大自然を感じさせる記念写真を、明日公開いたしますので、どうぞお楽しみに☆彡

最後の修学旅行研修会が終了

4時間目、最後の研修会が行われました。

生徒団長の森田さんから挨拶があり、肥田至誠推進主任、梅本教頭より諸注意等がありました。

いよいよ出発です。

最後の修学旅行研修会

本日、最後の修学旅行前の研修会が終わりました。

生徒団長の倉重君が挨拶した後、至誠推進主任の肥田先生や梅本教頭先生から諸注意がありました。

「1人1人が親善大使」をテーマに安全で実りの多い修学旅行にしたいと思います。

3日目~飛び込む~

ホームステイ先から、初めてバノラポイントハイスクールに登校した生徒たち。この日は、ウェルカムセレモニーで歓迎を受けました。

オーストラリアの原住民である、アボリジニの踊りを披露してもらい生徒たちも大喜び。日豪親善!壇上に上がって一緒に踊りに挑戦する1コマもあったようです。

その後に、さっそく授業が始まりました。まずは、オーストラリアの国・文化・日本との違いなどを学びました。

先生は英語はもちろんのこと、日本語もとてもお上手!!両方を織り交ぜて色々と教えていただき、生徒はよりオーストラリアを身近に感じることができました。午後は、スポーツによる交流もあり、オーストラリアの伝統的なスポーツである「クリケット」対決も行われました☆彡

明日からは、全校集会や国際フォーラムなど、英語を使って現地の生徒たちに溶け込む機会がどんどん増えていきます。みんな、これまでの勉強の成果を信じて、英語の波に飛び込んでいこう! 

2日目~出逢う~

昨晩、台北から乗り継ぎ便に搭乗し、一路ブリスベンへと向かった5年生一行。

午前10時すぎに、無事、念願のオーストラリアの大地に降り立ちました。 

入国手続きを済ませた頃には、ちょうどお昼時。記念すべきオーストラリアでの最初の食事はハンバーガー♪これこそ正真正銘の、”ファースト(1st)・フード”です(笑)

その後、生徒を乗せたバスはニューサウスウェールズ州へと移動し、夕方には前半の研修拠点となるツイードの街に到着!12/4日(日)までお世話になるホストファミリーとの嬉しいご対面となりました。 

個人情報保護のため、画像は加工してありますが、どのファミリーも笑顔・笑顔(*^_^*) その温かい歓待のおかげで、生徒たちもリラックスして出逢いの瞬間を迎えることができました☆彡

明日は、交流先であるBPH(バノラポイントハイスクール)に初登校!セレモニーの後、本格的な学校での活動がスタートします。

1日目~発つ~

いよいよ本校六年制コースの高校2学年「オーストラリア語学研修旅行」がスタート!

この語学研修旅行のテーマは「SYMBIOSIS(共生・共存)」です。力野校長先生は、英語を話せること・英語の点数が上がることだけを目的とするのではなく、「世界と共に生きる自分」「他者に生かされ他者を生かす自分」を英語を通して実感し、オーストラリアで人々・自然などありとあらゆるものと共にある己を再認識してほしいと願いを込め、この語学研修旅行を立ち上げました。事前研修でも、その思いを生徒たちに熱く語ってくれました。

出発式では、生徒団長の森光太郎君が

 この研修を通して、色んな困難や壁に直面することもあるだろうけど、恐れてないで積極的に英語を使って自分をさらけ出し、この語学研修旅行に最高の価値をもたらそう!色々な人や物への感謝の気持ちを忘れず、今しかできない貴重な経験をたくさん吸収して来よう!

と、仲間たちに呼びかけました。互いに助け合い協力し合って、かけがえのない13日間を過ごしてほしいものです。

トランクにいっぱいの期待を詰め込んで、バスは一路福岡空港へ。20:35の便でブリスベンへと飛び立ちました☆彡

サブカテゴリ