進路応援Blog

2020.7.9 一旦、落ち着こう♪

先日の豪雨もあり警戒して臨んだ木曜日でしたが、予報よりも明らかに速く・多く降った雨の影響で、またも生徒の皆さん・保護者の皆様に大変な思いを強いることとなってしまいました…本当に申し訳ありません。また、その中で臨機応変な行動と的確な連絡をしてくれた生徒たちの知恵と、状況を汲んでご協力いただいた保護者様の優しさにあらためて感動いたしました。

さて、高校の代替大会・中総体・期末考査と、次から次へと迫りくる機会を一つずつ大切にし、頑張って取り組んできた長崎日大生☆ そんな矢先にこのような自然災害に見舞われ、校内に少しバタバタとした雰囲気が感じられます。校長先生も、肥田至誠推進主任も、口を揃えておっしゃいます。「こういう時が怖い…」と。

リズムが整わないと、気持ちが急かされます。急かされると慎重さを失います。軽率に動くと、いつもだったらできるはずの「良識的・常識的な判断」ができなくなります。皆さん自身が後悔することにつながるような残念な出来事が起こってしまう前に、一度我が身を振り返り、自分の目標や目的を再度思い出し、一旦落ち着きましょう♪

心配を心配だと指摘する。駄目なものは駄目だと敢えて言う。これも皆さんに対する”応援”のカタチです。よろしくお願いしますね!

 

2020.7.8 深い名言

高校の期末考査期間と併行して迎えた7月。考査と大雨に追われて視野が狭かった私…今日になって、「今月の言葉」が新調されていることに気づきました。今回は、ちょうど職員室に末竹華子先生がいらっしゃったので、お願いして作品とともに撮らせてもらいました。先生、いつも素晴らしい作品をありがとうございます♪ さて、今月の言葉は、

答え方でその人に知識があるかどうかわかり
質問の仕方でその人に知恵があるかどうかわかる です。

マフラーズというエジプトの作家とのことですが、勉強不足で存じ上げませんでした…実はこの言葉をチョイスしたのは、末竹先生と同じく国語科の元気印☆東川のぞみ先生でした。東川先生曰く、「ちょうど考査期間だったので、みんなにどんどん質問に来てほしいなぁ~という思いを込めて、この言葉を選びました♪」とのこと。なるほど!試験前に生徒たちの”職員室詣で”が多かったのは、この効果だったか…

生徒に向けたメッセージの役割も担っていた言葉ですが、私にもズキッと刺さりました!教員免許を持って教壇に立つわけですから、生徒の質問レベルに回答する知識を持ち得ているのはある意味当然のスキルですが、「効果的な発問を如何に繰り出すか」は力量・技術・経験が問われます。マフラーズ氏の言葉は、その重要性をあらためて思い出させてくれました。
どちらの立場にとっても、末竹&東川先生が教えてくれた、身に沁みる言葉ですね。生徒の皆さん、深~い質問を待ってますよ♪

2020.7.7 生徒全員の夢が叶いますように…

今日は七夕。しかし、あいにくの雨・雨・雨…織姫と彦星の再会は、長崎の天上では厳しそうです。

新型コロナの収束を祈る。世界平和を祈る。スケール感の大きな願い事も、世の中が大変な状況ですから当然あります。学園HPで紹介されている日大中生の短冊の中にも、自分よりも他者や社会を思う心優しい言葉が書かれていましたね。生徒のみんなが、そのようなしっかりした願いを立ててくれていますから、あえて私は単刀直入に。
長崎日大の生徒全員の夢が叶いますように!   長崎日大教職員一同
そう願わせてもらいます。他力本願ばかりでは勿論よくないのですが、日々、コツコツと地道に学業や部活動などに勤しむ生徒の皆さんの姿を見るにつけ、「叶えてもらう資格は充分☆彡」だと思います♪ 先日の高3進学講演会で河合塾の講師の方が、「吐く(発する)言葉から、ネガティブや他者非難といったマイナス言葉を取り除くことができれば、夢は叶います。」と仰っていました。吐ーマイナス(-)=叶です。ポジティブかつ有言実行の取り組みで、自分自身でも夢を手繰り寄せましょう!!

2020.7.6 心からの感謝♪

6日の午後から長崎を襲った猛烈な豪雨…対応に追われ、6日中の更新はままなりませんでした。申し訳ありません。
7日になって、色々な気持ちが頭をよぎります。学校で大きな被害を生むことなく何とか凌いだ安堵感、予報の程度や速度を遥かに上回る激変とはいえもう少し対応があったかと感じる後悔や罪悪感…そんな中、何よりも感じたのは感謝の気持ちです♪

状況が分からないことから頂戴した沢山の問い合わせのお電話、苛立ちも当然あったはずなのに、「大変ですね・お疲れ様です」と励ましを頂きました。安全を優先して生徒と共に過ごした夜。決して恵まれた環境ではなかったのですが、生徒からは「ありがとうございました。迷惑をおかけしました。」との泣けるひと言。気にした先生たちも、様子を見に来たり差し入れを届けてくれたりとサポートしてくれました。子どもと離れて不安なはずの親御様からは、担任あてに学校対応に感謝するメールが届き、さらにその先生はわざわざその内容を転送して伝えてくれました。私立学校を管轄する長崎県総務部学事振興課、日本大学、全国の付属校、元育成会会長の福田様などからも、心配するお電話をいただきました。

応援Blogなのですが、我々の方が応援され・支援された感謝・感動でいっぱいにさせていただきました。

2020.7.5 切磋琢磨の先に…

 

7月1日に愛野カントリー倶楽部で開催された「九州アマチュアゴルフ選手権 長崎県予選」で仲良く3位入賞を果たし、見事に九州アマへの出場権を獲得した杉﨑優人くん櫻井豪くんが長崎新聞で紹介されました♪ 2人とも、おめでとうございます☆彡

4月に九州女子ジュニアを制した櫻井心那さん等が活躍する女子と一緒に、全国高校選手権の代替大会(12月予定)にアベック出場を果たすことが目標だという2人。男女を問わず、部内にハイレベルな切磋琢磨があるからこそ、今回のような好成績も生まれるのでしょうね♪目指す全国大会の予選会までは1ヶ月余り。

これからも、長崎日大高校ゴルフ部一丸となって頑張ってほしいと思います!

PAGE TOP